ビジネスチャンスをつかむ!データ活用術(ECサイト編)

今やビジネスパーソンとして必須スキルとなった【データ分析】、【データ活用】を最大限に生かして業績アップにつなげていきませんか。

今回は、そんなビジネスにおけるデータ活用術について、様々な例を挙げてご紹介していきます。

例1 オンラインショッピング、通販、ECサイトなどの通販ビジネス

店舗へ足を運ばすとも、インターネットさえあれば欲しいものが購入できるという点で、近年消費者の需要は急増しています。また、現況のコロナの影響により、実店舗での売上が悪化している今、自社製品をネット上でも購入してもらえるように、ECサイトで販売する企業も増加する傾向にあります。

このような業界では、以下のようなデータ分析・データ活用が実現可能です。

【分析・活用データの元となるもの】

顧客リスト(年齢、性別など)

購入履歴

閲覧履歴

サイトへの訪問時間帯

このようなデータを元に売上向上・業績向上に直結するようデータを最大限に活用することができます。

【元データの活用例】

◆顧客リスト(年齢、性別など) から、対象年齢・性別にアプローチできる新商品、新製品の開発ターゲットとなる顧客層への広告・キャンペーンの在り方を検討することが可能。

◆購入履歴をもとに、対象となる通販サイトにおいて人気の商品・製品のプロモーション、人気商品・製品のHP上のデザインの在り方顧客目線でリニューアル。

◆閲覧履歴から、サイト訪問者の購買動向をデータ化し、閲覧履歴に含まれる商品・製品についても、顧客への最適なアプローチ方法を検討。

◆サイトへの訪問時間帯をデータ化することで、タイムセール新商品、新製品キャンペーンなどを最適なタイミングで打ち出すことが可能。

このように、データの活用には様々な方法があります。

これらを有効活用することは、営業利益に直結するという点で、企業にとって大きなビジネスチャンスをもたらすことになります。

そして、データを最大限に活用することができれば、新たなビジネスモデルの構築さえも実現可能となるでしょう。

株式会社Ritの最新情報をお届けします

料金・納期を無料で確認できます

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

『データ入力作業』のお見積りを無料で承ります。ご希望の方は、お電話またはフォームよりご依頼ください。 お見積は、内容を拝見し見積提示頂きます。最長3営業以内でご返信致します。その他のお見積も承っております。