ビジネスチャンスをつかむ!データ活用術(旅行業編)

位置情報サービスが主流となった今、このデータを収集し、最大限活用することは、旅行マーケティングにとって、大きなビジネスチャンスとなることは間違いありません。

旅行業界にとって活用可能なデータには、どのようなものがあるでしょうか。

例えば、次のようなものがあります。

顧客情報

位置情報サービス

SNS

地域情報サービス

このようなデータは、特別なものではなく、ありふれた情報ではありますが、これらを活用することによって、顧客が何を求め、何を楽しんでいるのかという顧客の最大のニーズを把握することができるのです。

具体的な活用例としては、次のような活用方法が挙げられます。

『顧客情報』からは、年齢・性別によっての行先や交通手段などを知ることができます。年齢や性別だけでなく、国籍などの情報によっても、旅する目的地人気スポットなどの統計となるデータが存在するでしょう。

また、顧客データの収集は、旅行のピーク時期や、それが一人旅なのか、家族旅行なのか、学校の集団旅行なのかなど、様々な情報を入手することに役立ちます。

『位置情報サービス』では、顧客の行動パターンはもちろん、顧客層と似た属性をもつ消費者が、どのような場所に移動しているのかを分析することで、行動パターンを把握し、効率的にマーケティングに生かすことが可能となります。

旅先を決定するまでの行動パターンはもちろんですが、旅先での行動パターンからは、人気スポットを割り当てることが可能なだけでなく、ご当地の人気グルメやお土産の情報を知ることができ、これをマーケティングに戦略として取り入れることで、顧客目線でのプロモーションが可能になるのです。

『SNS』は、今や10代、20代の若者だけに限らず、幅広い年代で日常的に使われています。Twitter,instagram,Facebook,TikTok、YouTubeなどのSNS上のデータからは、消費者のよりリアルな価値観行動様式となるデータを収集することができます。

また、SNSでの口コミの検索や、動画コンテンツの閲覧は年々増加しています。

旅行者が旅行前に目的地の検索や、リアルな体験に基づくグルメ情報を収集するためにSNSを利用して検索することが増えていることからも、旅行業界においてSNSを用いたデータ収集、分析、活用は、マーケティングを行う上でも大きなビジネスチャンスを生み出すでしょう。

『地域情報サービス』は、地域の情報を可視化することで、より分かりやすく地域の特性や人気スポットを紹介する情報サイトです。

こちらの地域情報サービス自体には、旅行者の声やニーズを取り入れることによって、さらに情報サービスの利用者を増やせる余地がありそうですが、地域情報サービスの閲覧履歴などからも旅行者のニーズをとらえることは可能です。

このように、旅行業界の成長戦略となるデータは数多く存在します。

データを収集し、分析結果をマーケティングに反映させることで、顧客ニーズに沿った商品のブランディング、アプローチ方法を実現することが可能です。

そして、データ結果を日々更新することによって、流動的なニーズに対しても効率的に対応することができるようになります。

データの有効活用は、企業成長にとって、欠かすことのできないITソリューションの一つとなるでしょう。

株式会社Ritの最新情報をお届けします

料金・納期を無料で確認できます

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

『データ入力作業』のお見積りを無料で承ります。ご希望の方は、お電話またはフォームよりご依頼ください。 お見積は、内容を拝見し見積提示頂きます。最長3営業以内でご返信致します。その他のお見積も承っております。