データ入力はアウトソーシングを活用して効率化しよう!

どの企業にも多かれ少なかれ、紙媒体の情報は保管されていますよね。

整理したい!データ化したい!と思うような紙媒体も多くあるのではないでしょうか。

名刺や顧客データ、アンケートなどを紙媒体で保管していると、必要なときに探したり、集約・分析などを行う際に多大な時間と労力がかかり、保管場所のスペース確保なども必要になります。

しかし、 日々のコア業務に加え、 データ移行のために長時間の入力作業を行うことは、ノンコア業務として時間を割くこととなり、その結果、紙媒体をそのまま使用し続けている企業も多くあります。

紙媒体からデータへと移行するメリットには次のような例があります。

保管スペースをとらない

紙媒体の紛失を防ぐことができる

必要な時に必要なデータを探すことが容易になる

扱いやすいデータへと変換することが可能

社員間や取引先の担当者などとデータ共有しやすくなる

データの編集や更新を行いやすい

データとして可視化することで、広範囲でより詳細なデータ分析が可能

上記のように、データ移行には様々なメリットがあります。

アウトソーシングサービスは、企業におけるビジネスの効率化・合理化を実現可能にします。

データ入力やアンケート集計といったノンコアな手作業の業務を、入力の専門サービスに委託することで、経営資源をコア業務に注力させることができたり、新規事業の展開などに時間を有効活用させることなどができます。

多くのアウトソーシング企業は、社内一貫処理を行い、効率的で柔軟な対応が可能であり、コストや品質、スピードに加えて、高いセキュリティに力を入れています。

紙媒体からデータ化を依頼する場合には、いつまでに、どのような形でデータを受け取りたいか、また特に、『扱いやすいデータ』として完成させてもらえるように、要望を詳細に伝えるようにしましょう。

アウトソーシングサービスにおいては、専門的なノウハウをもってに業務にあたるため、要望に沿ったクオリティーの高いサービスの提供を受けられるでしょう。

株式会社Ritの最新情報をお届けします

料金・納期を無料で確認できます

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

『データ入力作業』のお見積りを無料で承ります。ご希望の方は、お電話またはフォームよりご依頼ください。 お見積は、内容を拝見し見積提示頂きます。最長3営業以内でご返信致します。その他のお見積も承っております。