【ここが重要!】データ入力をする際に気を付けたい3つのポイント

【ポイント1】データ入力の『スピード』と『正確性』向上のための体制

データ入力は、一見、簡単そうに見えて、意外と間違えやすいものです。データ入力の件数が増えればそれだけ誤入力の可能性も高くなります。
『スピード』と『正確性』を追求するために最も重要なポイントは次の3つです。
1、入力にあたっては、スキルのある入力オペレーターをどれだけ保持しているかが重要。
2、一人で入力するのではなく、ベリファイ入力を行い、付け合わせのチェック作業を行うこと。
3、データ入力に特化したシステムチェックにて、漢字、数字など細部の誤入力を防ぐこと。

これらの条件を組み合わせれば、膨大なデータ入力を『正確に』かつ『スピーディー』に行うことが可能です。

【ポイント2】データ入力の事前準備

データ入力を開始する前に、そのデータの使用目的やイレギュラー対応を明確にしておくことは、品質やスピード向上に欠かせません。データの使用目的を事前に把握しておくことで、目的に合わせて加工しやすく、完成データを活用しやすくなります。また、データ入力において、イレギュラーは必然的に発生するため、作業開始前に「イレギュラー項目は別途シートを分けておく」ことや「備考欄を設ける」など、イレギュラーが発生した時のルールを確認しておくことが作業効率向上につながります。

【ポイント3】セキュリティー強化

入力業務は、強固な情報セキュリティーのもと、管理徹底された社内にて行い、社内教育を受けた自社入力オペレーターが行います。ご要望によっては、入力オペレーターにも個人が特定されない入力方法をとることが可能です。

株式会社Ritの最新情報をお届けします

料金・納期を無料で確認できます

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

『データ入力作業』のお見積りを無料で承ります。ご希望の方は、お電話またはフォームよりご依頼ください。 お見積は、内容を拝見し見積提示頂きます。最長3営業以内でご返信致します。その他のお見積も承っております。